おせち料理

おせち料理のいわれ

おせち料理は、元々季節の変わり目の「節句」に
神様にお供えする料理のことを指していました。

 

奈良時代から平安時代に行われた朝廷行事でお供えした料理を
御節供(おせちく)と呼び、それを庶民が真似をしました。

 

年に5回の節句がありますが、その中で最も重要な節句がお正月です。
江戸時代後半からはお正月料理だけを「おせち料理」と呼ばれるようになります。

 

お正月は本来、豊穣を司る年神様をお迎えして共に過ごすというもので
おせち料理を三が日に頂くのは、神様にお供えしたものを共に頂き
神様の力もいっしょに頂くという意味があります。

 

また神様がいる三が日には、火を使った煮炊きを慎むことと
普段家事で忙しい女性たちを、お正月くらいは休ませるという理由があります。

 

明治時代になると「めでたさを重ねる」という意味から
おせち料理を重箱に詰められるようになりました。

 

現在では三段重が一般的には多いですが
伝統的なおせち料理は四段重か五段重で作られています。

 

一段目には祝肴と呼ばれる黒豆、数の子、田作りなど
二段目には口取り肴と呼ばれる伊達巻、栗金団、昆布巻きなどの甘いもの

 

三段目にはブリや鯛などの魚、海老を使った焼き物料理などの海の幸が詰められ
四段目には酢の物や煮物などの料理の山の幸が詰められます。

 

ちなみに四段目は四の重とはいわずに与の重と呼びます。
四という文字が死を連想さて縁起が悪いという理由からです。

 

五段目は中身を空にするのが正式となります。
空にする意味は「神様に頂いた福を詰める」といういわれや

 

「来年こそはいっぱいに詰められるように」
という願いが込められています。

 

現在はお重に詰められなかった料理を入れる
予備として補充用に使うことも多いようです。

 

現在のおせち料理は、正式なものとはかなり違う内容の物が多いですね。
昔ながらの御節もありますが、デパートや通販で購入するものは
高級な料理や珍しい料理が詰められています。

 

洋風や中華だけでなくスイーツなどのお菓子や
チーズや漬物までも入れられた御節もあります。

 

時代は変わっても高級料理のおせちもいいですが
御節の伝統も守られて欲しいと思います。