お節料理

少人数向けのおせち料理が人気です

最近では、少人数の家族や高齢者だけの家族も増えていて
お節料理も一人用や二人用といったもの需要も増えているようです。

 

「少しだけでいいのでおせち料理が食べたい」
「家族の中で好みが違うので、違う種類のおせちを用意したい」
などの理由でお節料理も少人数用の人気が高いようです。

 

メディアでも核家族という言葉をよく聞くようになりました。
一般家庭の同居人数は減ってきているのでしょうね。

 

時代を考えると昭和の初期には大家族の家庭が多かったようです。
高度経済成長の時代、産めや増やせやの言葉も有名ですね。

 

ちなみに私の父(現在80歳)は広島出身ですが兄弟は10人もいました。
私は父の兄弟とは半分くらいの方には会ったことがありますが
合ったことはなく知らない方もいます。

 

現在の家庭では子供は一人か二人が多いと思います。
3人も子供がいる家庭は全体から見ると少ないでしょうね。

 

私の家族も子供が二人ですが、以前3人の子供がいる家庭に
遊びに行ったことがあるのですが、凄く賑やかだったです。

 

毎日、この状態だったら疲れてしまうなと感じました。
二人が三人になると、こんなに違うんですね、驚きました。

 

テレビでよく大家族の番組をやっていますが
楽しそうですが、洗濯とと料理だけでとっても大変そうですね。
自分だったら絶対に無理という感じです。

 

でも家族の人数が多くても少なくてもお正月に集まって
お節をや美味しい料理を囲みながら食事をするのは良いですね。

 

一年に一度くらいは皆で顔を合わせたいものです。