鳥の胸肉を美味しく食べる調理法

鳥の胸肉は脂肪分が少ないのでパサパサして
もも肉と比べると美味しくはありません。

 

胸肉は焼いても煮ても、もも肉には勝てませんが
ある調理法でつくると意外と美味しい味になります。

 

食べた時に「これもも肉?」と勘違いするほど美味しくなります。
本当にそんな調理法があるの?と疑いたくなりますね。

 

私も初めて食べた時は驚きましたが本当に美味しいです。
作り方を説明しますね。

 

まずは鍋に水を入れます。
味付けはお好みでしょうゆとみりん、お酒などを入れて下さい。

 

水と調味料を入れた鍋に、切らずに胸肉を一枚入れます。
火にかけて沸騰させます。

 

沸騰したら、5分くらい煮て火を切ってください。
肉の中まで火が通らなくて大丈夫です。

 

というか火が通ってしまったらパサパサになります。
鍋にふたをして10分くらい放置しましょう。

 

肉を取り出して、食べやすいように適当な大きさに切ってください。
この時、中まで火が通ってなくて赤かったりしたら、少しだけ煮ます。

 

中まで火が通る時間は水の量や鍋の保温能力で変わってきます。
火を切ってからの放置時間は実際に作って微調整して下さい。

 

ギリギリ火が通った状態がとても柔らかくて美味しいです。
ヘルシーなので、私の最近のお気に入りです。