おせち料理

お節料理の具材はお正月に価格が上がる

お節料理の具材、黒豆や田作り、蒲鉾など
お正月が近づくと急に価格が上がりますね。

 

特に、スーパーでいつも見かける蒲鉾なんて
こんな高かったかなと思うくらい値段が高くなっています。

 

日本人は縁起物に弱い傾向があるのか
お節料理の具材が値上がりしても納得しているかもしれません。

 

いつも売っているものと中身は一緒なんですけどね。
蒲鉾なんてパッケージが紅白になっただけです。

 

他の具材もパッケージが祝とか謹賀新年とか書いてあると
値段が高くてもお正月だからと何となく買ってしまいますね。

 

冷静に考えると、お節料理ってもすごく高くないですか?
おせちのお重に入っている具材の量を比較してみます。

 

スーパーで洋風のオードブルってお正月に売られていますが
3000円〜5000円くらいでしょうか。

 

オードブルをお重に詰めたらどんな感じでしょうか?
たぶん一つのお重には収まり切らない量だと思います。

 

田作り、黒豆、蒲鉾、伊達巻、昆布巻きなどの具材は
オードブルと比べて、そんなに高くないと思います。

 

かえってオードブルに入っているエビフライやローストビーフ
焼き豚やエビチリの方が高いかもしれません。

 

そう考えると、お節料理のお重に入ると
具材の値段が倍以上になっていませんかね。

 

真面目に考えると、ちょおとバカらしくなってきます。
でも、縁起物ってそういうもんなんでしょうね。