おせち料理「田作り」いわれ

おせち料理、祝い肴三種の一つ「田作り」

「田作り」は、おせち料理の祝い肴三種の一つとされています。
祝い肴とは祝いの膳に出される酒の肴のことですが

 

おせち料理の祝い肴三種とは、お正月の祝いの膳には
必ず入っていなければ体裁がとれないとされている料理です。

 

関西では、ごまめまたは黒豆、数の子、たたきごぼう
関東では、ごまめ、黒豆、数の子と地域によっては多少異なりますが

 

お正月の祝いの膳には、なくてはならない料理の一つといえます。
(田作りのことを別名ごまめと呼びます)

 

別名「ごまめ」田作りのいわれ

 

子供のときに、おせち料理に入っているイワシの甘露煮を
何で「田作り」というのか不思議でした。
そこで調べてみたら色々と分かりました。

 

田作りとはカタクチイワシの稚魚をしょうゆやみりん
砂糖で煮詰めた甘露煮のことです。

 

昔、田んぼの肥料としてイワシは使われていました。
田んぼで使われる肥料の中で最も高価ですが
イワシを肥料とした田んぼは豊作になる事が多かったのです。

 

豊作になる田んぼ肥料がイワシだったことから
イワシの甘露煮は「田作り」と呼ばれたそうです。

 

そういったことから五穀豊穣を祈願して
お正月料理として食べられるようになりました。

 

田作りを別名「ごまめ」と呼ばれていますが
細群(こまむれ)という小さな群れをさすのが語源です。

 

この駒群が体が丈夫であるという意味の「まめ」
というものが重なり、音が濁って「ごまめ」になったそうです。

 

田作りには豊作の祈願だけでなく
健康に過ごすという願いも込められています。

 

一の重に入れられる田作りは、お正月に家族の健康を願う
おせち料理にはなくてはならない主役のような存在です。

 

子供の頃の疑問だった田作りの由来が分かって
モヤモヤした気持ちがスッキリとしました。