おせちの重箱

おせちは重箱に入っているのが当り前ですが
重箱に入れる意味とは何なんでしょう。

 

おせちには年神様への供物、
家族の繁栄を願う家庭料理という意味があります。

 

それを詰める重箱には
福やめでたさを重ねるといったいわれやしきたりなど
縁起の良いものがたくさんあります。

 

おせちの重箱は2段や3段などと重ねた物が多いですが
5段重にするのが正式な形です。

 

ただ5段重といっても5段目には料理はいれません。
料理を入れるのは1段目から4段目までです。

 

5段目を空にしておく意味は
年神様から授かった福を入れる場所という意味があるためです。

 

また、おせち料理のそれぞれのお重に詰める
料理の種類も決まっていて
5種類、7種類、9種類と吉数で詰めることが
縁起が良いとされています。

 

それぞれのお重に詰められるもの

 

一の重は「祝い肴」を入れるお重で
田作り、黒豆、数の子、紅白のかまぼこなどが入れられます。

 

二の重は「口取り肴」を入れるお重です。
口取りとは料理屋さんで最初に出されるものです。

 

おせち料理では、昆布巻き、伊達巻き、栗きんとんなどの甘いもの
紅白なますな酢の物が入れられます。

 

三の重は「焼き物」を入れるお重で
海老の塩焼き、イカの笠松焼き、ぶりの照り焼きなどの
海の幸の焼き物などが入れられます。

 

与(四)の重は「煮物」が入れられますが
四は縁起が悪いということで
「四の重」とは言わずに「与の重」と呼ばれています。

 

煮物は筑前煮や「人参、レンコン、里芋」などの
煮しめなど山の幸が入れられます。

 

お正月にみえたお客様に振舞うためや
保存しやすいなどの意味もあるお重ですが

 

お重の詰め方や段数などは地方によっては
しきたりも異なるために多少の違いもあります。

 

最近では洋風のおせち、中華のおせちなど
家族の好みや流行によって変わってきています。

 

変わったものではキャラクターおせち
デザートおせちなども登場してきていますね。

 

おせちの料理の内容も随分変わってきましたが
重箱の意味などのウンチクを言いながら
おせちを食べるのもいいかもしれません。