日本のお正月に行われる縁起物の羽根突きの由来

日本のお正月に行われる羽根突きは、古くからある伝統的な遊戯の一つで
羽子板で羽を付けたムクロジの種子を打つ遊戯です。

 

遊戯の種類は追羽根と揚羽根の2つがあります。
追羽根は、二人で羽子板を使って羽を打ち合うもので
羽を打ち返すことが出来なかったら、顔に墨を塗る罰を受けることもあります。

 

現代でも、同じような遊び方をしますね。
もう一つの揚羽根は、一人で羽子板で羽を打ち上げる回数を競うものです。

 

羽根突きは中国から伝わった遊戯と毬杖(ぎっちょう)という遊戯が
時代と共に変化したといわれています。
奈良時代に男子には蹴鞠(けまり)、女子には毬杖が神事として遊戯が行われていました。
毬杖とは木製の槌をつけた杖を振って、木製の毬を相手側の陣に打ち込む遊戯です。
現代のゲートボールで使うような杖を使った遊戯です。

 

室町時代に毬杖の杖が羽子板に変わり
毬は無患子(むくろじ)という木の種子に鳥の羽を数枚付けた物に変化して
現代の羽根突きと同じような様式になっていきました。

 

このころ「こぎの子勝負」といわれる男女対抗の羽根突き大会が開かれたようです。
勝負に負けたほうは酒を振舞ったされています。

 

毬の無患子の文字が「患わ無い」という意味を表すことから
女の子の無病息災の願いを込められるという意味があるそうです。

 

その後、羽根突きの羽子板は遊戯というより装飾がされて
縁起物という意味を持つようになります。

 

江戸時代には、羽根突きは、羽を付き合うことで魔除けと厄払い意味をもつので
年末や出産のお祝いで、女児に贈るようになったようです。

 

また、羽根突きの羽の飛ぶ姿がトンボに形が似ていることで
病気を運んでくる蚊を食べるということから
蚊に刺されないための子どものお守りともされたようです。

 

現代でも羽子板は遊戯用のものと、飾り用のものがりますが
随分昔から、今の様式と変わらない、お正月の行事として
縁起物としてあったんですね。

 

羽子板の由来が分かると、大変良い物に思えてきて
一度やってみたくなりました。
お正月に、そんな機会があったら、ちょっとやってみようと思います。