おせちの由来

お節料理は御節供「おせちく」の略で中国から伝わった五節供に由来します。

 

御節供とは平安時代に宮中で行われていた行事で、
神様にお供えしたものを分かち合い、共に祝い、結びつきを深め、
その恩恵にあずかるという意味があります。

 

江戸時代に一般庶民が宮中行事を生活に取り入れて徐々に広がっていきました。
のちに一番重要とされる節句にあたる、
お正月にふるまわれる料理だけをおせち料理と呼ばれるようになりました。

 

現在では出来あがったものをスーパーやデパート
通販などで買う事が多くなりましたが

 

おせちは日本文化に根付いた伝統的な家庭料理の一つです。