お正月などのお祝いに使われる「祝い箸」のいわれ

お正月におせち料理やお雑煮を頂くときに「祝い箸」が使われます。
この「祝い箸」とは、どのような意味があるのでしょうか?

 

「祝い箸」は、末広がりの八寸(24センチ)でと縁起の良い長さになっています。
別の呼び方もあり「両口箸」「柳箸」「俵箸」などともいわれ
お正月だけでなく、色々なお祝い事に使われる箸です。

 

「両口箸」と呼ばれる理由は、箸の先が両方とも細くなっていて
一方は神様が使い、もう一方は人が使うためとなっており
神人共食(しんじんきょうしょく)という意味があります。
両方とも使えるからと、ひっくり返して使うのはタブーとなっています。

 

おせち料理は神様へのお供え物です。
お供え物を食べるときに、神様の恩恵を頂き
共に食事をして新年を祝い、良いと年になりますようにと
願いを込めて頂くのです。

 

「祝い箸」が「柳箸」と呼ばれる理由は、お祝いの席で
箸が折れたりすると縁起が悪いので
丈夫で折れにくい柳の木で箸が作られているからです。

 

「俵箸」と呼ばれる理由は、箸の中央付近が太くなっていて
五穀豊穣の願いを込めた米俵を表しているからです。

 

その形から子孫繁栄を表した「はらみ箸」や「太箸(たいばし)」と
呼ばれたりもします。

 

お正月に使う祝い箸には使い方があります。
大晦日に家長が、それぞれの家族の名前を書いた箸袋に
箸を入れて神棚に供えます。

 

元旦に使った箸は、自分で洗って「松の内」といわれる
1月7日まで繰り返し使います。

 

洗うときに、箸のどちら側を使ったか
分からなくならないように注意しましょう。

 

普段と同じように箸を洗って乾かしておくと
間違えそうですね。

 

実は私、祝い箸の神人共食(しんじんきょうしょく)
という意味を知らなかったので
箸のどちらを使ったかなんて気にしたことありませんでした。
これからは、気をつけて使おうと思います。