オランダのお正月は花火とオリボーレンで迎える

オランダのお正月は、年明けのカウントダウンと盛大な花火で始まります。
オランダでは普段は花火は禁止されているのですが
大晦日と女王の誕生日だけは許されるのです。

 

花火は12月の最終週のみ期間限定で園芸店で販売され
何万円と花火を買う方も多いようです。

 

花火の打ち上げは12月31日の午前10時から1月1日の午後2時まで
許可されていますが、本当は登録間違いで午後10時からだったのです。

 

しかし花火の売り上げが、大変良かったということで
そのまま午前10時から花火の打ち上げをオランダ政府が許可しているようです。

 

オランダではクリスマスは家族と過ごしますが、年末からお正月にかけては
友達や恋人と過ごすことが多いようです。
オランダも日本とは違い、クリスマスとお正月の過ごし方が反対のようですね。

 

オランダには、おせち料理のような特別な料理はありませんが
大晦日から元旦にかけて食べる「オリボーレン」というドーナツを食べます。

 

オリボーレンの中身はレーズンやリンゴ、バナナなどが入っています。
油で揚げた甘くて美味しい砂糖のかかったお菓子です。

 

オランダには、おせち料理のような料理がないのは残念ですが
盛大に花火を打ち上げられるのいいですね!

 

街中や庭先で派手に打ち上げられて
毎年、死人が出るほど盛大に花火が打ち上げられるようです。

 

どんだけ危険な花火を打ち上げるんだ?
と思ってしまいますが、たぶん日本の花火とは
スケールが違うんでしょうね。

 

オランダの年明け、とっても楽しそう!
もし適うならば一生に一度でいいので体験してみたいです。