新年に最初に汲む水「若水」のいわれ

新年に最初に汲む水のことをいいます。年神様の供物に用いたり雑煮やお茶を入れたり元旦の行事に使います。
若水を飲むと厄除けや邪気が祓えるといわれています。

 

別名、初穂水、福水、宝水、黄金水とも呼ばれています。
昔は井戸水や湧き水を汲みに行くのが一般的でしたが、現代ではそうもいかないので
新年の朝の最初の水道水やペットボトルの水でもいいようです。

 

若水の習慣が始まったのは平安時代で、年神様が来られる方角(恵方)にある井戸から水を汲んで
天皇の朝食に出したのが始まりでした。
その後、恵方から水を汲む習わしが、新年の朝に最初に汲む水のことを指すようになりました。

 

若水を汲みに行く正月行事を「若水迎え」といいます。
この行事をするのは、「年男」の役目です。

 

新年の朝に、なるべく遠方まで水を汲みに行き、途中で会った人に口を聞いてはならないとされていました。
そうして汲んできた「若水」を最初に年神様の供物に用い
邪気が祓えるということで家族の食べ物や飲み物などに使われました。

 

若水迎えの行事は、年男か一家の家長や長男といった男性が行っていましたが
地域によっては女性が行う所もあります。

 

昔から新年の最初の水は神聖なものとされているのですね。
知らなかったとはいえ、朝起きたら、すぐに水を飲むようではダメですね。

 

最初の水は神様ようにに使うようにしないといけませんね。
これから気をつけるようにします。
お正月の朝、忘れないように覚えておかないと。