正月飾りの門松の意味と由来

門松は、お正月に玄関の前に飾るお正月飾りです。
誰もが見たことはあると思いますが
門松は何のために飾るのでしょうか?

 

門松は別名、松飾り、飾り松、立て松ともいいます。
古くから木のこずえに神が宿ると考えられています。

 

そのため年神様が道に迷わずに家に来るための目印や
神様が依りつく依り代などの意味があります。

 

門松に使われる松ですが、松は「祀る」につながるという意味や
古くから中国で、生命力、不老長寿、繁栄などの象徴されてきました。

 

日本でもめでたいいわれの松を、お正月飾りの門松として
玄関に飾る習慣となったいったようです。

 

門松というと竹が目立ちますが
名前の通り、松が主役になります。

 

竹の先端の形は、斜めに切った「そぎ」と真横に切った「ずんどう」
という2種類の形状があります。

 

「そぎ」という形状は徳川家康が敗北した戦「三方ヶ原の戦い」で
相手の武田信玄に対して次は斬るぞという思いを込めたというのが
始まりだという説があります。

 

現代では、松の枝に金銀や赤白の水引として蝶結びにして
玄関の門柱などにつける、手軽な方法もあるようです。

 

門松の飾る期間はいつからいつまで

 

門松を飾るのは「松の内」の時期にあたる12月13日以降なら
いつでも良いとされていますが、クリスマスが済んでからという傾向があります。

 

また、他にも避ける日があります。
12月29日は「二重苦」、9の末日は「苦待つ、苦松」という意味に通じます。

 

12月31日は「一夜飾り」といわれ、たった一晩でで飾るとは誠意にかけるとか
葬儀は一夜飾りでするため、それをを連想させるから避けたほうがいいいわれています。

 

しかし、本当は年神様は31日の早朝に来られるから
大晦日の31日の昼や夜に飾ったのでは間に合わないということだそうです。

 

門松を飾るのは、松の内の1月15日までが伝統になっていますが
1月7日までの地域もあるようです。

 

左議長で門松を焼く地域では、左議長に合わせて片付けます。
左議長は1月15日が多いようですが、やはり地域によって違います。

 

左議長が分からなかったので調べたら「どんど焼き」のことなんですね。
私の祖母の地域では「どんど焼き」といって
お寺で豪快に燃やしていたのを懐かしく思いだしました。