おせち通販おすすめ

おせち料理に入れられる「チョロギ」って何?

おせち料理に入れられる「チョロギ」は小さく赤い巻貝のような形をしています。
中国原産のシソ科の植物で土の中で育った塊茎の部分です。

 

「チョロギ」は鮮やかに赤く染まったものをよく見ますが、実は白色なんです。
トビケラの幼虫(いさご虫)に見た目の形が似ていることから
草石蚕(くさいさご)とも呼ばれます。
日本国内では岩手県や福島県の東北地方や大分県で栽培されています。

 

「チョロギ」には腸内環境を整える善玉菌を増やすオリゴ糖が含まれることや
脳細胞を活性化する成分が含まれていています。

 

中国では漢方薬として血液の循環を良くしたり、精神の安定させたり
強壮作用、鎮咳作用などもあるそうです。

 

「チョロギ」は草石蚕と書いて「チョロギ」と読みますが
「長老喜」「長老木」「長老貴」「丁呂木」「千代呂木」など
色々な表し方があります。

 

おせち料理には長寿に効果のある縁起の良い料理として
入れられるようになったそうです。

 

「チョロギ」はお正月に食べ過ぎて負担を掛けた胃腸を
整える役目もしているのです。

 

縁起が良いだけでなく、腸内環境を整えるなど
体にとっても良い料理なんですね。

 

これは、おせち料理やご馳走を食べた後には
「チョロギ」を「虫みたいで気持ちが悪い」などと言わずに
ちゃんと食べないといけませんね。

 

私、健康オタクなので体に良いと分かれば
少々見た目が悪くても、味が不味くても大抵のものは食べられます!
健康第一、健康であれば何でもできる!