おせち通販おすすめ

「酢だこ」がおせち料理に入れられる訳

おせち料理には、よくいれられる「酢だこ」ですが
どんな由来があるのでしょうか?

 

真っ赤に茹でられた紅白の色が綺麗で縁起がよいといわれています。
また、酢が入っているのは日持ちがするためで
お正月の三が日をもたせるためです。

 

「酢だこ」は関東より北ではおせち料理に入れられますが
関西では「タコのうま煮」を入れる場合が多いため
おせち料理に「酢だこ」を入れるのは地域によっては違うようです。

 

タコに込められた思いやゲン担ぎは色々とあります

 

料理の仕方は違いがありますが、おせち料理に入れられるタコは
タコという名前を「多幸」という字を当てて
幸せが多いという願いが込められます。

 

関西の受験生を中心に生まれた語呂合わせで
英語でタコのことを「オクトパス」ということから
「置くとパス」合格できる意味として
おせち料理に入れられるようになったという説もあります。

 

また「夏至のタコを食べると元気になる」
「タコを食べて夏の暑さに負けないように体力をつける」
「稲がタコの足のように四方八方に根を張り豊作になる」
などの願いも込められています。

 

昔から縁起ものとされてきたタコ

 

タコが縁起物とされてきたのは、昔からタコがいる海などの近い地域では
タコが良い行いをした伝説残っているためです。

 

タコが八本の足で捕まえた獲物を離さない様子から
「善いものに吸い付く」という意味として

 

タコが墨を吐いて敵から逃げる様子から「苦難をけむに巻く」
ということで縁起物とされてきました。

 

また「赤い色が魔除けとなる」などや
天高く舞い上がる凧あげの凧と語呂が同じということで
縁起が良いとされています。

 

有名な蛸唐草という模様も縁起が良いといわれていますが
タコが色々な意味で縁起が良い生き物なので、おせち料理に入れられるのも
当然な流れだったのかもしれません。

 

酢だこは、とっても縁起がが良いものなんですね!
子供のころは酢の物は苦手でしたが
お酒を飲むようになると、酢だこは美味しい酒の肴です。

 

お正月に、おせち料理を頂くときには
ありがたく酢だこを食べようと思います。