色々な説がある「伊達巻」のいわれ

伊達巻は白身魚と卵を混ぜて焼いたものです。
色が黄金色になり見栄えが豪華なことから
神様へのお供えものに、ふさわしいとされていました。

 

伊達巻のいわれには色々な説があります。

 

華やかと派手を表す「伊達」という言葉
華やかな卵焼きということから伊達巻といわれた。

 

魚のすり身と卵を混ぜて焼いたものを
伊達政宗の好物として食べられていた。

 

昔の伊達者(シャレ者)が着ていた着物に似ていたことから
伊達巻といわれるようになった。

 

また意味としては、昔は大切な文章を巻物としていて
書物や掛け軸を連想させることから文化や知識の繁栄が込められています。

 

伊達巻の巻いている形が着物の反物を想像できることから
着物、衣装に困らない年にしたいという
繁盛や繁栄といった願いを込められている説もあります。

 

伊達巻には色々ないわれがありますが
甘くて美味しいので人気のある料理ですね。

 

おせち料理が苦手な子供でも食べられる
料理の一つだと思います。

 

私も伊達巻を食べるときは知識が増えることを願って
有難く頂きます。