お正月のおせち料理には定番の昆布巻きのいわれ

養老昆布に「よろこぶ」という語呂合わせで
不老長寿の意味があります。

 

子生(こぶ)という字をあてて、昆布が旺盛な繁殖力があることから
子孫繁栄の願いも込められています。

 

結納品では「子生婦」という字をあてて
縁起物としてお祝い事には欠かせません。

 

また昆布巻きにはニシンが巻かれていますが
これにも意味があります。

 

ニシンを「二親」という語呂合わせで
両親から子供が生まれることを願う子孫繁栄の願い。

 

養老昆布の「よろこぶ」ニシンの「二親」の語呂合わせで
不老長寿の意味もあると言われています。

 

縁起の良い昆布巻きですが、昆布巻きにお勧めな昆布があります。
それは、一般的によく知られている、あの日高昆布です。

 

日高昆布は味も良いですが柔らかく肉厚で、早く煮え
煮くずれもないことがおすすめの理由です。

 

子供の時には苦手だった昆布巻きですが
こうやって由来がわかると、とても有難い料理に思えてきます。
お正月には昆布巻きを有難く頂きます。